スマート家電コントローラー( RS-WFIREX3)で音声操作ができなくなった

ブログ

ここ1~2年ですっかり普及したアマゾンやgoogle等のスマートスピーカー。我が家でも私が所有するgoogle home miniを始め何台かが活躍しています。スマートスピーカーは声で操作ができるため、頸髄損傷者のような手足の不自由な人にとってはとても使いやすいデバイスだと思います。現在ではラトックシステムのスマートリモコン( RS-WFIREX3 ) を組み合わせて音声で家電製品を操作できるようにしています。
ところが、ある日アプリの更新をしてから音声での操作ができなくなってしまいました。健常者であればスマホで操作するという方法もありますが、ベッド上にいるとき等スマホが使えない時に環境制御装置代わりに使用することを考えていた私にとっては大問題です。

音声操作ができなくなったきっかけ

はじめ、私のスマート家電コントローラーが音声操作できなくなったきっかけは分かりませんでした。しかしその日にアプリの更新をしていたので恐らくこのことが原因ではないかと予想はつきました。
とりあえずスマホでは操作ができていることを確認したので、「スマートスピーカーとの連携がうまくいっていないのかな」と考えました。スマート家電コントローラーをスマートスピーカー経由で使用する場合、アプリの家外設定を有効にする必要があります。とりあえずアプリを確認してみると、案の定家外設定がオフになっていました。「これが原因か」と家外設計をオンにしてみましたが反映されません。次にwifi設定をやり直してみましたが、それでもうまくいきませんでした。
その後もリモコンの再登録をしてみたりいろいろしましたが、結局復旧しないまま…。週末に引っ越しもあったので引っ越し後に再設定することにしてあきらめました。

結局解決方法は見付からず…

引っ越しが終わって、もう一度設計をやり直していることにしました。現在登録している家電の数はそれほど多くなかったのでリモコンの設定自体は時間はかかりませんでした。しかし、 ホームページのマニュアルに沿って何度もやり直してみましたが、 やはり家外設定がうまくいきません。私がtwitterでつぶやいているのを見かけたMade by Googleからもアドバイスを頂き試してみましたが、結局駄目でした。
インターネット検索をしてみたら同じような書き込みをしている人がいて、「これはアプリ側の問題ではないか」と確信しました。アプリ側の問題であれば自分ではどうしてもできません。とりあえずメーカーにメールで問い合わせてみることにしました。

原因がようやく判明

翌日メールを開けてみるとすでにラトック社からメールの返信がありました。金曜日の夕方にメールを送信したので週明けに連絡があるかなと思っていましたが、私がメールを送信してから1時間ちょっとで返信があったみたいです。
メールによると、やはり私が使用しているスマホ(エクステリアXZシリーズ)で不具合を確認しているとのこと。いつ問題が解消されるかは現在不明だが、アプリのアップデートで対応予定とのことでした。原因はようやく判明しましたが、問題解消の予定が未定なのでしばらくは不自由しそうです。

復旧までは不便な生活が続きそう

今回、メーカー側の対応は素早く好感が持てました。スマートリモコンは大変便利なツールではありますが、インターネットの使用が前提ということもあり、一度トラブルと復旧するまで全く何も使えないようになってしまうリスクがあるんだと改めて感じました。重度障害者が環境制御装置の代わりに使用するのであればそのことを頭に入れておく必要があります。もちろん環境制御装置も万能ではないのですが…。
今の問題はアプリのアップデートまで気長に待つか、それとも他のメーカーのスマートリモコンを試してみるか…。比較的安価で手に入るとこういう悩みも出てきますね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました